河芸町文化協会

団体名 河芸町文化協会
代表者名 濱口 義徳
プロフィール・
活動内容

文化的な町づくりをめざし、幅広い文化活動と会員相互の連絡協調と親睦を深めることを目的とする。(昭和62年設立)

昭和63年、県下で初めて「生涯学習の町」を宣言した旧河芸町は、毎年、教養講座や課題講座を数多く開設して、今でも続いている。この講座の修了者がサークルを作って、公民館を中心に活動を始めることが多く、その受け皿としての役割を果たすようになり、今では、文化協会が行政との橋渡し役を務めている。

毎年の河芸文化祭の開催を中心となって進めるほか、研修の成果を外部でも発表できるよう活動助成を行う。